2010年08月24日

介護福祉士受験資格の研修600時間受講、3年延期へ

人材不足や受け入れ体制の不備を背景に
厚生労働省では、07年の社会福祉士・介護福祉法改正により、介護従事者のさらなる技術力の向上と質の高いサービス提供等を目的に、2012年以降はホームヘルパーを廃止し、介護福祉士などの国家資格に切り替えることなどを決定。とくに介護福祉士国家試験の実務経験者の受験資格については、最大600時間の養成課程の義務づけを定めているが、今回、予定されている12年の実施を3年間延期し、15年度から行う方針を発表した。

同制度が施行されると、ホームヘルパー1級・2級が、段階的な措置も含め、最終的には廃止され、「介護福祉士」の資格を取得するか、もしくは介護職員基礎研修を受け、「介護職員基礎研修終了者」となる必要がある。そして、介護福祉士の受験資格を得るには、国が指定した専門学校などで600時間(一部実務経験者に対し救済措置あり)=およそ1年程度の研修が必要となった。

しかし、同制度が本格的に施行されると、現在のホームヘルパーの離職や新規従事者の獲得困難や、介護事業者のサービス体制の混乱などの懸念が続出。運用への準備が整っていないという判断等もあり、3年間の延期となった。なお、正式な延期の決定には、法改正が必要とされる。
(記事:ネットパイロティング)

posted by TCマート at 12:23| Comment(2) | TrackBack(1) | 制度
この記事へのコメント
資格の内容が 無意味だ 今のヘルパー1級を国家資格にして欲しい
Posted by やま at 2011年02月11日 13:46
役人の無計画、無能にはいまさらのことながらあきれてものが言えない・・
 いかに現場、現状を知らないかを厚労省のアホ役人は再認識すべし!
 同時に処遇改善金などという一時しのぎをやめ、恒久的な労働賃金の底上げをしなければ、誰も介護で働く意欲はなくなりますよ。
 無能政治家、役人のムダ法外な給与を現場従事者に分配すべし!!
Posted by おにけん at 2011年04月17日 14:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40345397

この記事へのトラックバック

合格する"事に特化した独自の合格術!←『受験の神様』が...どんな難関試験も突破できる合格法を初公開
Excerpt:  合格することだけにこだわった大学受験専用の合格法とは?   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄...
Weblog: 幸福のゴールドサイン
Tracked: 2010-08-28 14:05