2010年08月30日

女性86.44歳で世界一の長寿へ

厚生労働省、平成21年度の『簡易生命表』を公表
厚生労働省は、7月26日、09年度の平均寿命をについて、女性が86.44歳、男性が79.59歳で、男女とも過去最高を記録したと発表した。

厚生労働省では、毎年『簡易生命表』として、主な年齢の平均余命とその延びを公表している。このうち、平均寿命とは、現在0歳の子どもの余命がだいたいどれくらいかを調べたもので、今回はその数値は女性なら86.44歳、男性が79.59歳となった。

女性は25年連続で世界一となり、一方男性は前年の4位から5位へと順位を落としたものの、いずれも4年連続で最高値となった。同省によれば、主に心疾患や肺炎で死亡する割合が減少したことが平均寿命の延びにつながっているとし、さらに、ガン、心疾患、脳血管疾患のいわゆる大死因が克服されると、0歳児の平均余命はさらに、伸びて男性87.63歳、女性は93.43歳まで延びるという。

なお、『簡易生命表』は0歳から90歳までの平均余命を示しており、たとえば、85歳の男女の平均余命は、6.27歳、8.41歳、90歳の男女の場合は、男性で4.48歳、女性で5.86歳となっている。
(参考:厚生労働省『簡易生命表』)

posted by TCマート at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40451426

この記事へのトラックバック