2011年03月25日

介護人材のキャリアアップに段位制度を導入検討

介護職の専門性、認知度の向上を
政府の「介護人材ワーキング・グループ」は、介護人材のキャリアアップ制度の構築を目標に、7段階の段位制度を導入する方向で検討に入った。来年度中に実証実験などを実施し、2012年度からの本格実施を目指すという。

現在、介護に関する資格には、国家資格の「介護福祉士」「准介護福祉士」、公的資格の「ホームヘルパー1級、2級、3級」などがあり、一口に「介護の資格」といっても多種にわたっている。そこで、政府の「介護人材ワーキング・グループ」がキャリアパスの一環として、このたび新たに介護職に「段位制度」を導入する構想を提唱した。基本的な技術を修得したレベル1の「エントリー」から、最高位にあたるレベル7の「名人」まで、7段階の段位を認定する案が検討されている。これまで昇級の機会が少なかった介護職員の処遇改善や、キャリアパスを見せることによる若手の参入促進といった点で意義があるとされる。

検討されている段位の内容は以下の通り。
・レベル1が初任者研修(現行のホームペルパー2級研修)修了相当
・レベル3、4が介護福祉士相当
・レベル5、6が現在検討されている「認定介護福祉士」(仮称)相当
・レベル7は分野を代表するトップ・プロフェッショナルという位置づけ(該当する資格は現在未定)

このほか、上記の段位を介護報酬に反映させることや、具体的な認定方法なども検討課題となっている。今後、基本方針に沿って、具体的な制度構築に向けて議論を進めていく予定だ。

新たな資格を作るよりも、既存の国家資格である「介護福祉士」の技術を高め、社会的な認知と地位の向上を重視していることが伺える。

(記事:ネットパイロティング@care)

posted by TCマート at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護技術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43987339

この記事へのトラックバック